人の若さをつくっているのは、〇〇?

広告



ブログ

こんにちは(^^)/

鹿児島では珍しい顎の矯正を行う小顔矯正が人気の整体院「ほぐし処大空」です(^^)/

当店は小顔矯正の他に骨盤矯正や産後矯正、猫背矯正等の整体メニューからキャビテーションやEMS等のエステ機器を使った瘦身メニューまで行える整体院で、年間1000人以上の女性の方のご来店頂いております(^^♪

さて今回は人の若さをつくっているのはどの臓器かということをまとめていきたいと思います(^^)/

それでは、、、、

Let’sGo!!!

人の若さをつくっているところは?

わたしたちの体の中で、最も老化しやすい部位はどこだと思いますか?

正解は、、、

腸です!!!

老化は腸から始まります。腸がもっとも老化しやすい臓器です(@_@)

人の体を構成する約37兆個もの細胞は、大きく2つの段階を経て分裂します!

静止状態から分裂の準備をする「GI期」と、遺伝子を2つに分ける「M期」に分裂します☆

このGI期からM期へ移るときに邪魔するタンパク質があります!

それを「P16」といいます(`・ω・´)

このP16には、GI期での細胞分裂を止めてしまう作用があり、P16が現れると、細胞は分裂が出来なくなります(-_-;)

P16によって分裂できない細胞が増えると、その臓器は老化し、活動も滞ります(-_-;)

人体は、細胞分裂という新旧の細胞の入れ替わりにより、健康を維持しているのでP16は、「老化の指標」とされているくらいです!

このP16がもっとも早く表れる臓器が腸です!!!

私たちは誕生から死ぬまで「食べる」「排泄する」を1日も休まず繰り返します(`・ω・´)

多くの臓器は夜間、急速に入り、働きをやわらかげますが、腸だけは1日中食べたものを処理し続け、夜間はさらに活発に働いています(`・ω・´)

なので腸は休む暇がありません!!!

この毎日の過労が腸の老化につながります(-_-;)

腸の老化がすすむとどうなる?

腸は人体最大の免疫期間ですので、病気を防ぎ、治すための免疫細胞や組織は、およそ70%が腸に集まっているので、腸が老化すると免疫の低下を避けられません(`・ω・´)

なので腸が若々しく働いていれば免疫は向上します(`・ω・´)

腸健康10か条!

腸博士と言われている藤田絋一郎先生が推奨する腸健康10か条は

①発酵食品や乳酸菌生成エキスを摂る

②食物繊維を摂る

③食事は1口30回噛んで、腹八分目に!

④1日1ℓ~1.5ℓくらいのミネラルウォーターを飲む

⑤中高年は、白米やパン、麺類、砂糖などの糖質を控える

⑥週に数回20~30分程度のウォーキングや腸を捻る運動をする

⑦色とりどりの野菜を食べる

⑧週2回肉を食べる

⑨1日に数回深呼吸を数回し、湯船に浸かる

⑩笑いのある人生を送る

こちらを参考に腸を若々しく働かせましょう(`・ω・´)

①の乳酸菌生成エキスについてはこちらから↓

投稿者

鹿児島市鴨池で営業しているほぐし処大空です!鹿児島では珍しい女性スタッフがいる整体院で年間1000人以上の女性の方にご来店いただいております(#^^#)
Address:鹿児島市鴨池1丁目54-14
Tel:080-6479-3549

oozoraをフォローする
最近のコメント
    スポンサーリンク
    ブログ
    oozoraをフォローする
    ほぐし処大空〜鹿児島市でスポーツマッサージが受けられる店〜

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました